TOPIC

新入生の歓迎会が行われました

 4月12日に新入生の歓迎会が行われました。対面式では新入生入場の後、生徒会長から歓迎の挨拶、そして新入生代表の挨拶がありました。その後、部活動紹介があり、各部が工夫を凝らした紹介を行い、会場も大いに盛り上がりました。そして最後は恒例のくす玉割りがありました。

着任式・始業式・入学式が行われました

 4月10日の午前に着任式・始業式、午後からは入学式が行われました。着任式ではこの4月から本校に着任された12名の教職員の方々が紹介されました。午後からの入学式では320名の新入生が入学を許可されました。式の前には吹奏楽部、合唱部によるミニコンサートが行われました。また、式の中では合唱部による校歌紹介が行われました。

終業式・離任式が行われました

 3月24日に終業式、離任式が行われました。離任式では本校から離任される教職員一人一人からのご挨拶がありました。また生徒会の代表生徒より花束の贈呈がありました。

冬季体育祭を実施しました

 冬季体育祭が3月15日に行われました。男女ともバレーボール、バスケットボール、ドッヂボールを実施しました。今年度最後の行事となり、各クラスが団結し、どの競技も白熱した試合が繰りひろげられました。

男子バスケットボールの様子

女子バレーボールの様子

卒業証書授与式が行われました

 平成29年3月1日(水)に第67回卒業証書授与式が行われ、厳粛な雰囲気の中、313名の卒業生が各クラス担任から呼名されました。代表生徒による感動的な答辞もあり、卒業生は北高で過ごした3年間の日々を思い返したようです。合唱部、吹奏楽部の演奏も花を添え、素晴らしい卒業式となりました。

予餞会を実施しました

 平成29年1月27日(金)に三年生を送る行事である「予餞会」を実施しました。三年生による数々の工夫がなされた入場パフォーマンスで幕を開け、一気に熱気に包まれました。開会式後、三年生のみの参加となる障害物リレーが行われました。今年から競技が変わり、さらに白熱した戦いが繰り広げられました。また、休憩中には一、二年生から三年生へ送られるビデオメッセージ「北に届け」が上映され、三年生は部活動での思い出が蘇ったことでしょう。続いて、生徒全員参加のクイズ大会が行われました。クイズの中には三学年の先生方にまつわるものもあり、大変盛り上がりました。その後、職員発表では昨年一世を風靡したあのダンスが披露されました。最後に、閉会式では無事にくす玉が割れ、素晴らしい締めくくりとなりました。

がんばれ受験生!~太宰府天満宮より「飛梅」の鉢が届く~

 今年も「学問の神様」菅原道真を祀っていることで知られる太宰府天満宮から御神木である「飛梅」の鉢が寄贈されました。北海道と福岡の友好親睦の取組の一環として、日本航空(JAL)より毎年道内のいくつかの高校に梅鉢が贈られています。本校には1月25日(水)、日本航空(JAL)の職員の方が来校され、直接お届けいただきました。

「飛梅」が置いてある生徒玄関ホールの様子

 道真を慕って太宰府まで飛んできたとされる「飛梅」は、受験生にとって「縁起物」としてたいへん喜ばれているのみならず、これまで10年以上にわたって本校生を見守り、応援し続けてくれた価値のあるものです。今年も学問の神様にあやかろうと、入試を控えた生徒(受験生)達が梅鉢を前に合格祈願をする姿が目立ちました。

貴重な学びの機会を与えてくださいました日本航空(JAL)の関係者の皆様には、心よりお礼・感謝申し上げます。

本校の書道授業選択生徒の作品が各大会で優秀な成績を収めました

・第61回全道学校書道展で、(団体)優秀校(7年連続)を受賞しました。。

全道学校書道展は、おもに授業作品(半紙)による全道規模の書展です。
本校から書道選択生徒の授業作品および書道部の生徒作品を出品しました。
個人で、北海道書道教育連盟賞1名、推薦2名、特選38名、秀作80名。
団体で、優秀校(7年連続)を受賞しました。
展覧会会期:平成28年11月30日~12月4日  札幌市民ギャラリー


・公益社団法人創玄書道会主催 全国競書大会で、(団体)優秀団体賞(8年連続)を受賞しました。

全国競書大会は、半紙(臨書)作品による全国規模の競書大会です。
本校から書道選択生徒の授業作品および書道部の生徒作品を出品しました。
個人で、創玄書道会賞1名、大会会長賞1名、学年優秀賞1名、全国競書大会委員長賞2名、
創玄書道会奨励賞2名、推薦7名、特選10名、金賞55名、銀賞43名、銅賞6名。
団体で、優秀団体賞(8年連続)を受賞しました
展覧会会期:平成29年3月10日~12日、17日~19日  
展覧会会場:金子鴎亭記念「創玄会館」 東京都豊島区目白3-5-5


・第69回北海道学生書道展で、(団体)優秀校(8年連続)を受賞しました。

北海道学生書道展は、半切・胴切・半切1/2による全道規模の競書展です。
本校から書道選択生徒の授業作品および書道部の生徒作品を出品しました。
臨書部門と創作部門があり、審査は授業作品(半切1/2)と部活作品(半切・胴切)は分けて行われます。
個人で、札幌市教育委員会教育長賞1名、推薦5名、特選24名、秀作101名、佳作3名。
団体で、優秀校(8年連続)を受賞しました
展覧会会期:平成29年1月6日(金) ~9日(月)  札幌市民ギャラリー

見学旅行の報告会を実施しました

 平成28年11月18日(金)に見学旅行の報告会を実施しました。見学旅行は10月30日から4泊5日で関西方面に行きましたが、各クラスの代表のグループが自主研修の様子等をプレゼンテーションしました。すべてのグループが工夫を凝らした発表をし、有意義な報告会となりました。

札幌市立陵北中学校1年生が学校訪問

 平成28年11月15日(火)札幌市立陵北中学校の1年生36名が本校を訪れました。 これは、中学校の総合的な学習の時間の「高校訪問」という取組によるものです。 到着した生徒のみなさんには、最初に、本校副校長が本校の特色や本校で行われている様々な取組についての説明を行い、続いて本校の学校紹介DVDを視聴してもらいました。その後、校舎内を見学し、授業の様子も見学してもらいました。授業中の教室内に入る場面もあり、短時間ですが高校の授業を間近に見て、その雰囲気を味わってもらいました。この訪問が中学生のみなさんの今後の進路や学習に役立つことを期待しています。

 

 

図書館講演会を実施しました

日時 平成28年10月24日(月) 15:50 ~ 17:10
講師 小路幸也 氏
演題 「物語を楽しむ」

概要
 読書週間を迎えるこの時期に催している図書館講演会、今年は「東京バンドワゴンシリーズ」をはじめ、多彩なエンターテインメント作品を次々と発表されている小路幸也氏をお招きして行われました。

「物語」とは何なのか……それは、人類最古の娯楽である、という投げかけから始まり、その構造はどうなっているのか、如何に楽しませるために仕上げていくのか、という手法について実例や図を交えて語られました。
 創作活動をされる際、作品発想の源は少年時代に培われたものであること、当時「好きなモノ(小説・マンガ・ゲーム等)」に集中し、追及したという体験が素地となり、今力となって発揮できている、と幼少期を振り返られました。
 終盤には生徒からの質問に応えられ、作品づくりの裏話や出版業界のエピソード等にも触れていただきました。参加者から寄せられた感想シートからもたいへん楽しい一時であったことが伺える講演会となりました。
(参加者 30名)

PTA講演会を実施しました

 平成28年10月19日(水)本校彩風館を会場に、PTA講演会を実施しました。 北海道教育大学名誉教授である扇子幸一様を講師に迎え、「子どもが思春期を過ぎて後の親の課題とは」と題して、お話をいただきました。
 愛情を必要としなくなるのが真の愛情であるというお考えから、親子関係、家族関係の難しさを心理学を基盤に、文化や経済との関係にも言及されました。身近な幸せの中で生きることだけを考える若者が多い中、一方で、社会のグローバル化の流れを避け難い状況も生まれている。これからは、「個としての可能性を最大化すること」「親が自分自身として充実して生きること」が大切であるとお話しされ、講演を締めくくられました。

平成28年度 学校見学会を実施しました

10月8日(土)と15日(土)、中学3年生と保護者の方を対象にした学校見学会を開催しました(8日参加者16名、15日参加者33名)。
 両日とも本校の概要説明に加え、学校施設や土曜講習のようすを見学していただきました。途中、放送局作成のDVDの視聴等も入り、和やかな雰囲気の中、本校の良さや魅力を感じていただけたものと思います。この見学会が参加された中学生のみなさんの今後の進路選択の一助となれば幸いです。参加された皆様、ありがとうございました。

第2学年特別進路講話を実施

平成28年10月7日(金) 2年生の難関大、医学部医学科を志望する生徒を対象に「特別進路講話」が実施されました。難関大文系、難関大理系、医学部医学科の3つのコースに分かれ、それぞれ外部から講師を招いてお話をいただきました。各会場では入試情報や入試対策に関する細かい情報から日頃の学校生活での留意点など、非常に多くの内容を講演いただきました。参加した生徒は受験に対する認識を新たにこれからの学校生活、受験に向けての学習により一層力を入れて取り組んでくれることを期待します。

(1)  難関大学文系 講師 河合塾札幌校校舎運営チーム チーフ 北山 健一 様

(2) 難関大学理系 講師 駿台予備学校札幌校校舎長 藤井 真哉 様


(3) 医学部医学科 講師 代々木ゼミナール札幌校進学相談室室長 篠田 孝司 様

本校大鐘校長が札幌市立北辰中学校PTAを対象に講演

10月5日(水)、札幌市立北辰中学校において、本校大鐘校長を講師にPTA主催の教育講演会が行われました。演題は「最近の教育動向と札幌北高の教育実践~中学生に期待すること~」。最近の教育動向に応じた本校の実践の紹介をはじめ、幅広い視点からのお話に、参加された約70名の保護者の皆さんは熱心に聞き入っておられました。

学校見学会のご案内(申し込み)→ 終了しました

平成28年度北海道札幌北高等学校学校見学会の実施について

1 目  的   学校説明会に出席できなかった中学生とその保護者のために、学校説明会に準じた内容の         説明をする。 

2 対  象   中学3年生及びその保護者

3 定  員    各回とも50名

4 期  日   第1回 平成28年10月8日(土)
          第2回 平成28年10月15日(土)

5 場  所   彩風館及び校舎(一部見学)

6 時  程   9:30~ 受付(彩風館)
         9:45~ 学校紹介ビデオ視聴、学校概要説明、質疑応答、校舎見学
         11:15 終了

夏季体育祭を実施

夏季体育祭が8月24日、25日の日程で行われました。男子サッカー、男子バレーボール、男子バスケットボール、男子ドッヂボール、女子バレー、女子ドッチボール、障害物競争、玉入れを実施しました。どの競技も白熱した試合が繰りひろげられました。

学校説明会「スクールガイダンス2016」を実施

 平成28年8月19日(金)全日制の学校説明会「スクールガイダンス2016」を実施しました。939名の中学生のみなさん、601名の保護者のみなさんの参加(昨年度より247名増加)がありました。
 第1部と第2部に分け、それぞれ、「学校概要」「生徒会による北高生の生活」「アクティブ・ラーニング」「入選学校裁量(傾斜配点)」などについての説明があり、その後、校舎内をまわりながら授業を見学していただきました。これに加えて第2部では、放課後に活動している部活動の様子を見学していただきました。
 この説明会で、何事にも本気で取り組む活気ある「札幌北高の雰囲気」を感じていただけたものと思います。この説明会が中学生のみなさんの今後の進路選択の参考になれば幸いです。

 スクールガイダンス・ポスター(PDF)はこちら

 学校案内パンフレット(PDF)はこちら

 

中文連サイエンスワークショップ


 平成28年8月12日(金) 札幌市中学校文化連盟主催の「サイエンスワークショップ」が、本校物理教室を会場に開催されました。本校物理化学部の部員がファシリテータとしてワークショップの進行を行いました。
 ワークショップ1 「コンセンサスゲーム」
 ワークショップ2 「紙の上に立ってみよう」
 ワークショップ3 「マシュマロチャレンジ」
  複数の中学校から、理科部に所属している中学生のみなさん49名の参加がありました。(もっと多くの希望があったのですが、会場の都合でこの調整させていただきました)中学校混合のグループをつくりワークショップがスタートしました。 ワークショップでは、知識だけでは解決できない課題、手を動かすことが重要な工作など、知らない人と対話をしながら協働しないと成し遂げることができないミッションを課しました。なぜ研究にはコミュニケーションが大切なのかを実感してもらう内容としました。 今回のワークショップで得た知識と技能を中学校での研究活動に生かしていただければと願っています。

 

第67回北高祭について

平成28年度第67回北高祭は終了しました。
ご来場いただきました多くの皆さまと 関係各位に感謝を申し上げます。

<テーマ> (かがりび)
<日程>
7月 8日(金) 行灯行列
7月 9日(土) 校内発表(非公開)
7月10日(日) 一般公開(10:00~14:30)

行灯行列コースはこちら(PDF)
北高祭ポスターはこちら(PDF)

写真は7月5日、職員駐車場に張られたテントで生徒たちが行灯を製作している様子です。6月10日に24クラス分のテントを張り「テント村」が完成します。そこから学校祭準備が始まります。「行灯行列」だけではなく、「学級プロジェクト」と呼ばれる学級での一般公開準備や、「全校行事」と呼ばれるステージ発表、文科系部活動の発表など、様々な準備を同時に行っています。この間、授業は通常通り行っていますので、生徒にとって充実した1か月を過ごすことになります。

北高祭1日目 7月8日(金)午後7時に行灯行列が北高を出発しました。出発直前まで行灯の製作は続きましたが、無事に24クラスの行灯がスタートできました。約1時間をかけ、1年1組から3年8組まで行列は続きました。多くのみなさまに見物をいただきましてありがとうございました。また、交通整理などにご協力をいただきました関係者のみなさまに感謝を申し上げます。

北高祭2日目(非公開)7月9日(土) 全校行事と呼ばれるクラス毎のステージ発表が行われました。大道具、小道具、プロジェクタなどをうまく使って、クラスで考え抜いて演出した様々な出し物を制限時間内に披露します。今年度はバラエティに富んだ発表が多く、会場となっている第一体育館内は、大いに盛り上がりました。

北高祭3日目(一般公開) 7月10日(日)一般公開日で、学級プロジェクトと呼ばれる各教室を会場として行う、アトラクションや模擬店、文科系部活動による展示や演奏会などが行われました。廊下はご来校いただきました皆さまで埋め尽くされるほどの人気でした。  一般公開終了後に行われた閉祭会式では、審査員講評や各部門の賞の発表などが行われ、3日間の北高祭が終了となりました。