学校紹介

校訓

<北高訓>
       寛容・進取・良識
昭和25年、新しい学制と男女共学制度の中で出発した北高は、「古い庁立」の伝統の中でその長所美風を生かしていくことを基本方針とした。具体的には、「健康明朗で物事に対して実行力のあること」「意志強固で中正穏健な思想を養うこと」「高き知性を身につけ理想を養うこと」という自主的な北高精神であった。後に、第14代加藤重雄校長によって「寛容・進取・良識」にまとめられ今日に至っている。(昭和55年制定)

<学校教育目標>
相互敬愛の心と豊かな情操を養い、自由と正義を尊び、責任と規律を重んずる態度の育成に努める。
進取の気風を培い、心身を錬磨し、国際社会の担い手としての人格形成に努める。
真理を探り、高い知性と良識ある判断に基づく公民的教養の向上を図るとともに個性の伸長に努める。

校長挨拶

夢はKITA にあり- 頑張る君に応えたい -


北海道札幌北高等学校長 宮 下   聡
  
 第29代校長として本年4月に着任しました宮下 聡(みやした あきら)と申します。本校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。このホームページをご覧いただき、本校へのご理解を深めていただければ幸いに思います。

 本校は明治35年に創立された北海道庁立高等女学校を前身とし、昭和23年の北海道立札幌女子高等学校を経て、昭和25年北海道札幌北高等学校として改称され、これまで4万5千余名の卒業生を輩出してまいりました。本校が長年にわたって本道や日本社会に貢献し、各界で活躍する優れた人材を輩出してきた背景には歴代の校長先生はじめ教職員の教育にかける熱い情熱、同窓生の母校愛、保護者並びに関係団体の方々の温かいご支援があり、それら多くの方々の思いを引き継ぎ、新しい時代を切り拓く人づくりを使命とし、教職員が一丸となって日々、新たな伝統づくりに取り組んでいます。
                                           
 本校では1・2年生で基礎学力の定着を図り、3年生で進路希望に沿った学習を展開できるよう教育課程を編成しています。完全な文理分けは3年生になってからとなりますが、2年生でも一部進路を見据えた科目を選択し、文理分けにスムーズに移行できるようにしています。近年多様化する大学入試への対応としては3年生に多くの学校設定科目を設置して、選択して学習ができるようにしています。また、授業は1日に1コマ65分の授業が5コマあります。平成9年度から導入された65分授業は、本校の学力を支えるものとして定着しており、説明や演習の時間が十分にとれるほか、実技教科でも大きな成果を上げています。平成28年度からは文科省の研究指定を受け、「主体的・対話的で深い学び」のアクティブ・ラーニング型授業をとおして、新しい時代に求められる資質・能力の育成に努めています。

 私は「寛容 進取 良識」の北高訓のもと、一人ひとりの生徒が自らの無限の可能性を信じ、その可能性を広げる挑戦を続け、夢や目標を叶えることができるよう全力でサポートし、ふるさと北海道、未来の日本社会を支える「たくましい北高生」を育てたいと考えています。多くの生徒が将来、社会の様々な場面で人間性溢れるリーダーとして生き生きと活躍してくれることを夢とし、引き続き、地域の多くの方々から愛され、信頼される学校、生徒と卒業生、そして伝統を大切にする学校づくりに取り組んでまいりますので、一層のお力添えをお願いいたします。

 

在籍(平成29年4月現在)

  1学年 2学年 3学年 合計
クラス 24
男子 153 132 144 429
女子 167 186 174 527
合計 320 318 318 956

 

日課表(本校の授業は65分授業です)

登  校  8:25
S H R  8:30~ 8:40
第1校時  8:45~ 9:50
第2校時 10:00~11:05
第3校時 11:15~12:30
昼休み 12:30~13:05
予  鈴 13:00
第4校時 13:05~14:10
第5校時 14:20~15:25
S H R 15:25~15:30

教育課程

年間行事予定

学校評価

平成28年度学校評価(保護者)

平成28年度学校評価(教職員)

いじめ防止・対策基本方針

いじめ防止・対策基本方針